2014年4月25日金曜日

PS警護射撃術訓練Lv.2(海外実弾射撃訓練)

《募集締切》
GSPN海外訓練実施3周年記念




GSPNでは、本年より、警護業務(ボディーガード業務)に特化した射撃術訓練
《PS警護射撃術訓練》を開催しております。

先日、日本国内での基礎訓練となるLevel 1訓練を無事終え、この度、
次のステップであるLevel 2訓練(海外実弾射撃)を行うこととなりました。

今回、GSPN海外訓練実施3周年記念と称しまして、通常よりも格安な料金で
海外実弾射撃訓練を開催致します!


《PS警護射撃術訓練について》
海外における身辺警備業務では、銃器による危害行為が想定されます。
本訓練では、主に拳銃を使用し、様々な脅威への対処行動について学んで頂きます。
今回開催されるLevel 2訓練(実弾訓練)では、基本的な銃器の取扱い方法や
安全管理,拳銃射撃のための基礎動作,警護業務における銃器携行方法や緊急時の
拳銃射撃動作などを習得して頂きます。

《Lv.2海外実弾射撃訓練について》
本訓練は、先日行われたLv.1国内基礎訓練に参加された方を対象とした
海外実弾射撃訓練となっておりますが、GSPN海外訓練実施3周年ですので、
Lv.1訓練に参加されなかった方(初めての方)も参加することができます。
これまで銃器に触れたことのない方や、実弾射撃経験のない方でも、
安心してご参加いただけるよう、インストラクターが丁寧に基礎から指導致します。
(ただし、Lv.1訓練を修了されている方とは、現地での訓練内容が異なります。)

《訓練修了証について》
本訓練の修了者には、警護業務に必要な拳銃射撃術を習得した証として、
GSPN発行の訓練修了証と、イギリスに本部を置く、AISP(国際セキュリティ
プロフェッショナル協会)発行の認定証が授与されます。



【PS警護射撃術訓練 Level 2】

訓練日程: 2014年7月19日(土)~21日(月) 3日間
渡航日程: 2014年7月18日(金)~22日(火) 5日間
訓練場所: Mountain Clark Firing Range, Angeles City, Philippines
使用銃器: オートマチックハンドガン(1911・GLOCK17等),リボルバー 他
訓練内容: 下記《訓練内容》参照
参加定員: 8名(※)
参加費用: 270,000円(※)
支払方法: 銀行振込,クレジットカード決済(一括払いのみ)からお選び頂けます
募集締切: 本訓練の募集は締め切らせて頂きました

※参加定員は本申込み(すべての手続きが完了された方)順に締め切らせて頂きます。
※本申込み完了後のキャンセルはできませんのでご注意下さい。
※犯罪歴や精神科通院歴,反社会組織等の所属歴のある方等本訓練に参加することができません。
 本訓練内容の特殊性から、訓練のお申し込みに際し、事前の書類審査がございます。
※参加費用には、訓練参加費・射場利用料・銃器レンタル代・弾代・認定証等発行料・航空券代・
 宿泊代・現地交通費・朝食/昼食代が含まれます。夕食代のみ含まれておりません。
 消費税はかかりません。
※参加費用は、3周年記念訓練となるため、一律27万円となります。


《訓練内容》 ※すべて実銃・実弾で行います
・セーフティールール(銃器安全管理)
・ウェポンチェック(銃器安全点検)
・マインドセット(心構え)
・リアクション(襲撃への対処判断)
・襲撃者と襲撃対象
・装備(警護業務における銃器装備,服装、その他)
・コンシールドキャリー(銃器の秘匿携行)
・フォーメーション(基本警護隊形)   ほか
・拳銃射撃基礎(姿勢,グリップ,照準など)
・ドロー(据銃動作)
・ジャケッテッドドロー(上着を着ている状態からの据銃動作)
・方向変換射撃(様々な方向への射撃)
・フォーメーションからの射撃
・ボディーカバーと緊急退避,射撃   ほか
※訓練内容は受講者の技能レベル等で変更される場合がございます。予めご了承下さい。






【GSPNメールマガジン】

訓練案内などをメールで配信しています。
登録・解除は下記フォームからご自由にどうぞ。
メールアドレス

検索用語: ボディガード ボディーガード 身辺警護 要人警護 警備 SP SP セキュリティ セーフティ 防犯 危機管理 テロ ニュース PSD PMC PSC bodyguard security safety terrorism terror crime news protection military