2013年10月18日金曜日

第11回  GSPN-TFT海外実弾射撃訓練




NRA(全米ライフル協会)認定資格取得可能訓練

第11回 海外実弾射撃訓練


AISP/GSPN主催 海外実弾射撃訓練


今回の、第11回GSPNフィリピン実弾射撃訓練の募集は締め切っております。
次回の開催は2014年4月の予定です。

毎回開催の度にたいへんご好評を頂き、リピーター率が非常に高い
GSPNのTFT海外実弾射撃訓練。
今回、英国に本部を置くセキュリティの国際組織《AISP》と
合同主催で開催することとなりました!(*1)

GSPNでは、フィリピンにある提携射撃場にて、どなたでも参加できる
実弾射撃訓練を定期的に開催しております。(*2)

本訓練には、日本人インストラクターが日本から同行し、
現地でも日本語で訓練を行いますので、英語力は必要ありません。

初心者の方には、基礎からしっかりと指導。
銃器を触ったことのない方,実弾射撃が初めての方も
安心してご参加頂けます。

本訓練修了者には、AISPより訓練修了証を授与し、また、
希望者は、本訓練を通して米国のNRA(全米ライフル協会)
『BASIC PISTOL』『BASIC SHOTGUN』『BASIC RIFLE』
3種類の資格を取得することが可能です。(*3)

(*1)
AISP: Association of International Security Professionals
(国際セキュリティプロフェッショナル協会)
英国に本部を置くプロテクティブ・セキュリティの国際組織。
(*2)
犯罪歴,精神科通院歴,反社会組織等の所属歴のある方は参加できません。
(*3)
別途1資格につき21,000円の認定料が必要となります。
資格取得には別途国内にてNRA認定インストラクターの講義受講が必須となります。



【第11回 海外実弾射撃訓練】

訓練日程:2014年1月11日~13日(3日間)
渡航日程:2014年1月10日~14日(5日間) 
訓練場所:Mountain Clark Firing Range, Angeles City, Pampanga, Philippines
参加定員:8名(先着順)
参加費用:一般39万円,IBA会員及びGSPN訓練受講経験者37万円
・消費税,訓練費,渡航費,宿泊費,現地交通費,銃器レンタル,弾代等含みます
・夕食代,NRA資格認定料は含まれません
募集締切:2013年12月10日
※定員に達した為、募集を締め切りました。
次回は2014年4月の開催を予定しております。

使用銃器:M4(ライフル),GLOCK17/1911(ハンドガン),ショットガン 他
訓練内容:下記参照

火器概論
・マインドセット(心構え)
・銃器、火薬、弾とは
・銃のタイプ(ライフル,ハンドガン,ショットガン,サブマシンガン等)
・各部名称(構造概論)
・セーフティールール
・エクイップメント ほか

ライフル
・ウェポンクリアリング
・ローディング
・スタンス,グリッピング,エイミング
・シューティングポジション(ニーリング,プローン)
・2タップ,3タップ
・マルファンクション
・リローディング
・スイッチ
・シューティングオンムーブ ほか

ハンドガン
・リロード
・マルファンクション
・シューティングポジション
・シューティングオンムーブ
・シングルハンド ほか

ドリル
・リアクションドリル
・バリケードドリル
・シュートorノーシュート
・カバーリング
・フォーメーション
・イバキュエーション
・マルチターゲット ほか


訓練の進行状況等により、
フルオート射撃やサウンドサップレッサーを使用した射撃、
及びリボルバーやSMG等の射撃も体験して頂けます。

*上記訓練内容は、訓練生の理解度等に合わせ、変更となる場合がございます。予めご了承下さい。





訓練風景
 








訓練お申し込み:

本訓練はインターネット上からお申し込み頂けます。
(IBA JAPANの申込みフォームから「GSPN TFTフィリピン射撃訓練」をお選び下さい)


■訓練参加お申し込みフォーム■






【GSPNメールマガジン】

訓練案内などをメールで配信しています。
登録・解除は下記フォームからご自由にどうぞ。
メールアドレス

検索用語: ボディガード ボディーガード 身辺警護 要人警護 警備 SP SP セキュリティ セーフティ 防犯 危機管理 テロ ニュース PSD PMC PSC bodyguard security safety terrorism terror crime news protection military