2011年1月30日日曜日

TFT(高脅威下射撃術訓練) 訓練内容

訓練実施方法

GSPNが主催するTFT-HRO(高脅威下射撃術訓練)では、
日本国内で習得することの難しい射撃技術を、
国内と海外との2エリアで、段階を経て訓練しています。

LEVEL 1(国内基礎訓練)
銃器セーフティ,銃器基礎知識,射撃基礎知識 など

LEVEL 2(国内応用訓練)
基礎射撃技術,応用射撃技術 など

LEVEL 3(海外基礎訓練)
実弾基礎射撃術,実弾応用射撃技術 など

LEVEL 4(海外応用訓練)
HRO射撃技術,PSD射撃技術,PSD訓練 など


LEVEL2修了時に、海外での実弾射撃訓練に参加できるか
否かの、実技試験が行われます。
試験に合格しませんと、LEVEL2訓練修了とはならず、
LEVEL3以降に進むことはできません。

また、LEVEL4訓練修了時にも、最終実技試験が
行われます。
こちらは、実弾を使用しての試験となり、
LEVEL4修了者には、その後、海外でのPSD業務に
従事する道が拓けます。

国内訓練は、東京都八王子市で実施しております。
海外訓練は、米国,スロバキア,フィリピン,タイ,ヨルダン,
イラク,ウクライナ,ラトビアなどの国で実施が可能です。

各レベルの具体的な訓練内容は、下記をご参照下さい。


各レベルの訓練内容

LEVEL 1(国内基礎訓練)

【火器概論】
マインドセット(心構え)
銃器、火薬、弾とは
銃のタイプ(ライフル,ハンドガン,ショットガン,サブマシンガン等)
各部名称(構造概論)
セーフティールール
エクイップメント

【ライフル】
ウェポンクリアリング
ローディング
スタンス,グリッピング,エイミング
シューティングポジション(ニーリング,プローン)
2タップ,3タップ
マルファンクション
リローディング
スイッチ
シューティングオンムーブ


LEVEL 2(国内応用訓練)

【ドリル】
リアクションドリル
バリケードドリル
シュートorノーシュート
カバーリング
フォーメーション
イバキュエーション
マルチターゲット

【ハンドガン】
リロード
マルファンクション
シューティングポジション
シューティングオンムーブ
シングルハンド

【CQB】
クイックピープ
カッティングパイ
エントリー
クリアリング


LEVEL 3(海外基礎訓練)

【ライフル】
ウェポンクリアリング
ローディング
スタンス,グリッピング,エイミング
シューティングポジション(ニーリング,プローン)
2タップ,3タップ
マルファンクション
リローディング
スイッチ
シューティングオンムーブ

【ハンドガン】
リロード
マルファンクション
シューティングポジション
シューティングオンムーブ
シングルハンド

【ドリル】
リアクションドリル
バリケードドリル シュートorノーシュート
カバーリング
フォーメーション
イバキュエーション
マルチターゲット

【CQB】
クイックピープ
カッティングパイ
エントリー
クリアリング


LEVEL 4(海外応用訓練)

【プロティクティブエスコート】
ポジショニング
クロースフォーメーション
オープンフォーメーション
監視責任エリア
セーフゾーン
グリーティングライン
イバキュエーション,IAD
インターベンション
他セクションとの連携

【プロテクティブドライビング】
警備車両基礎
ポジショニング
フォーメーション
エンバス/ディバス
イバキュエーション,IAD
インターベンション
コンボイコントロール
ルートセレクション
ディフェンシブドライビング
イベイシブドライビング
オフェンシブドライビング

【その他のトレーニング】
IEDサーチ,IED対策
ESDサーチ,ESD対策
アンブッシュ対策
尾行対策
狙撃対策
チェックポイントセキュリティ

*訓練内容は変わることがございます。予めご了承下さい。



【GSPNメールマガジン】

訓練案内などをメールで配信しています。
登録・解除は下記フォームからご自由にどうぞ。
メールアドレス

検索用語: ボディガード ボディーガード 身辺警護 要人警護 警備 SP SP セキュリティ セーフティ 防犯 危機管理 テロ ニュース PSD PMC PSC bodyguard security safety terrorism terror crime news protection military